ホーム > 太陽光発電 > 地球温暖化対策にさらなる太陽光発電の普及を

地球温暖化対策にさらなる太陽光発電の普及を

先日アメリカのトランプ大統領が地球温暖化対策のルールであるパリ協定から脱退することを決意しました。それに対してニューヨーク市長などが「We’re still in!」とコメントを出して自分たちはパリ協定に参加する意思があることを表明しました。アメリカは主要国なのでパリ協定を脱退してもそこで決められたルールは守らくてはなりません。トランプ大統領が自分の参加していないところで決められたルールを守るかどうか?そこが注目されています。再生可能エネルギーは太陽光発電の他に風力発電、地熱発電、水力発電などがあります。再生可能エネルギーにおける太陽光発電が占める割合はほぼ半分の5割弱となっています。エネルギー問題を考えるときに発電量にたいする再生可能エネルギーの割合を増やすことが大切だと思います。地方へ行くと広大な土地に太陽光パネルが敷き詰められている光景を見ることが出来ます。家庭だけではなく大規模なプロジェクトで太陽光発電の普及を進める必要があると思います。

太陽光発電の見積もり比較!適正価格はいくらなの?